テーマ:映画

「ボヘミアン・ラプソディ」見に行ってきました~。

念願だった「ボヘミアン・ラプソディ」を見に行ってきました! 朝一からだったので、朝ごはんを抜きで映画館へ直行し、 映画館のあるところが、ショッピングモールの中なので、 パン屋さんのイートインで朝食。 たまには、こういう朝食もありですね。 とさておき、朝一の回にもかかわらず、チケットは売り切れ。 席は満席で、年代もさまざま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマ歌舞伎「阿弖流為(アテルイ)」

先日、どーしてもこれが見たくて、映画館に行ってしまいました。 それは シネマ歌舞伎「阿弖流為(アテルイ)」 数年前ですが、実際の公演も見ようと思っていたら、終わっていたので、 シネマ歌舞伎であるようなことがあれば、ぜひ見たいと思い、行ってきました~。 あらすじはこんな感じ。。。 朝廷に抗い続ける蝦夷(えみし)の長 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマ歌舞伎「東海道中膝栗毛〈やじきた〉」

どうしても見たくて行ってきました。 東海道中膝栗毛〈やじきた〉 主演は弥次郎兵衛こと弥次さんが市川染五郎さん、喜多八こと喜多さんは市川猿之助さん。 どちらかというと、猿之助さんのファンなんですが、2人ともアドリブが効いて、踊りのうまい役者さんだと思います。 さて映画ですが、新作なのか古典なのかわからないくらい、歌舞伎って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマ歌舞伎「二人藤娘/日本振袖始」

この映画は、なぜか2回見ました。 なんといっても、大ファンの中村勘九郎・中村七之助が出ているので、どーしても見たかった作品。 「二人藤娘」は坂東玉三郎と中村七之助が藤の精を艶やかに演じた演目で、舞踊の人気演目である「藤娘」を二人で演じていました。大きな話題となり、舞台上いっぱいの藤の花や二度三度と変わる衣裳の数々、そして、何より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマ歌舞伎「高野聖(こうやのひじり)」

玉三郎さんと中村獅童さんが出演していた泉鏡花の作品の映画です。 原作本を読んだことがなかったのですが、この映画を見た後に、本を読んだら忠実に再現されていたので、良かったです。 あらすじですが、修行僧の宗朝(そうちょう)は、飛騨から信濃へ抜ける山道で道に迷い、日も暮れた頃に孤家(ひとつや)にたどり着きます。この家に住むのは妖艶で気高い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマ歌舞伎「海神別荘」

これも泉鏡花の作品。これも原作に忠実に作られていました。 これは玉三郎さんと市川海老蔵さんとの共演。この2人の共演を見ていると、なぜか落ち着きます。なんだか似合いのカップルのような。。。 これは海中の話で、ちょっと現実ではありえないようなことがどんどん出てきて、見ていてなんだかハラハラしました。 海底にある宮殿琅玕殿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマ歌舞伎「天守物語」

一番最初に見たシネマ歌舞伎の作品です。まさか泉鏡花の作品だとは知らずに。。。 これも忠実に再現されていて圧巻でした。 泉鏡花の戯曲の中でも屈指の名作とされるこの作品は、白鷺城(姫路城)の最上階に異形の者たちが住むという伝説に由来します。鏡花はこの伝説にその他の怪異譚を巧みに織り交ぜて、美しい異界の人と、この世の人間との恋物語を描きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「となりのトトロ」

今でも何度となく見てしまうのが「となりのトトロ」。 いろんな作品が出ている中、あれだけ見ている作品ってあったかな~。 と思います。 これは映画館で見たことがなかったけど、ジブリのアニメで最初にビデオで買った作品。 しっかり者のサツキと妹のメイちゃんがかわいい~。 サツキはお弁当は作るし、朝ごはんもちゃんと作ったりして、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サウンド・オブ・ミュージック」

私が小学2年の時、初めて見た映画は「サウンド・オブ・ミュージック」です。 あれから、かなりの時間が経ちましたが、今でも色褪せない作品の1つです。 当時、親子3人で久しぶりのお出かけだったと思うのですが、 その日「サウンド・オブ・ミュージック」を見に行こうということになって 見ることになりました。 でも、あんなに長い映画だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャールズ・チャップリン

小学5年生からずっと好きな映画俳優がいます。 好きになって、半世紀以上を超えてしまいました。 その人は「チャールズ・チャップリン」 出会いは当時NHKでやっていた「チャップリン小劇場」という 30分間、ショートフィルムを流し、フランキー堺さんの語りで おもしろおかしく語っていた番組で、当時小学5年生だった私は たちまち彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more